side-nav_ttl-2.gif

side-nav_ttl-1.gif

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

side-nav_ttl-3.gif

side-nav_ttl-4.gif

IMG_4214.jpg

side-nav_ttl-5.gif

side-nav_ttl-6.gif

アメリカ横断 プロローグ


家族を養う立場として定職に就きながら音楽家として活動をしていました。

現在は会社を辞めアーティストとして活動をしています。

珈琲を美味しく飲む為に生きています。


祖父母は定年後の目標をワーゲンビートルで日本一周をする事としていました。

しかし祖父は定年を迎える2年前に脳溢血に倒れ体の自由を奪われました。


両親は超が付くほど保守的な生き方で、父は比較的安定した収入の会社員

母は英語とピアノの教師で老後のゆとりを考え日々汗を流していました。

母はユタ州のモニュメントバレーに行くことを夢みていました。

しかし定年目前にこの世を去りました。


そして311日。


私達家族が住む柏もホットスポットと言われています。


一人娘は健康ですが妻は病気がちです。


結果、先の見えない未来の為よりも今を大切に生きる事を選びました。



心のゆとりとは何でしょうか?


定職に就いて、仕事に追われる日々で、安定した収入を得ていたとしても

心にゆとりはありませんでした。

特に311日以降ピリピリしている事が増えたと妻によく言われました。


保守的な両親に育てられた事も大きいですが、消費的な社会に違和感を感じていたものの

会社側の私への心遣いに、その会社で定年を迎えられればと努力していました。

しかし、決して仕事が出来る方ではなく

自分のふがいなさに生きる価値のある人間なのかと考えた事もあります。

自信を無くし死にたいと思った事もあります。


私は家族がいながら会社を辞めました。


つまり逃げました。


やりたくない仕事を家族の為にこなし、背中で語る事に美学を感じていました。

もちろん通勤ラッシュに揉まれるサラリーマンに哀愁は感じますが

今はやりたい事をやり豊かに生きています。

収入が安定せず不安もあります。

それでも妻と娘の笑顔は増えたように思えます。


私にとっての豊かさとは金銭面的な事ではありません。

豊かさイコールゆとりです。


定職に就いているとお金をためる事は出来ましたが

時間を作る事はなかなか出来ませんでした。


両親、祖父母が叶わなかった旅を

私達家族3人は現役の今こそと思い旅に出ます。


旅を通し家族の絆を深め、曲を書き、詩を書いて来ます。


普通じゃ出来ない経験をして自慢話をするだけで終わりたくはありませんね。


それでは気の向くまま自由な旅をしてきます。


私はコーヒーを美味しく飲む為に生きています。


穏やかに微笑んでいる家族を観ながら嗜むコーヒーは美味しいです。



ダラス

アメリカンエアライン176に乗り込み11時間20分。

現地時間は午前8時25分。

トランジェット地点のダラスに到着した。


機内では持ち込んだ本にはほとんど手を付けず

4枚目のアルバムのビートをループ。

確認の繰り返し。


構想を練ったり

思いついた言葉などを並べてみたりしていたからか

それほど長く感じなかった。



美樹が妙に寒がっていた。

僕の分の毛布を渡したがそれでも寒そうにしているから

羽織っていたデニムを渡した。

『寒いでしょ。いいよ。』と言われたけど『大丈夫』と。


正直半袖になって寒かった。


でも喜んでいる表情が見れたから

それだけで僕の体は暖かくなった気がした。


すかさずフライトアテンダントに珈琲をオーダー。


2杯目。


持ち込んでいたチョコレートと。


feat…カロリー300



娘の日和は隣の座席でチップとデールのDVDを観ながらニコニコ。

目が合うとハニカンでいた。

長い時間良い子にしてくれてありがとう。


今回の旅は僕がお願いした企画。

全てを受け入れてくれた2人に感謝してる。


デニムシャツ1枚ぐらいなんて事無い。


さぁマイアミまで乗り継ぎです。


では。



PS..皆さん。。出発前に沢山の応援メッセージありがとうございました!!


マイアミからキーウエスト

マイアミを早朝に出発しアメリカ最南端のキーウエストまでドライブ。


フリーウエイから見える風景と

後部座席から聞こえる美樹と日和ちゃんの笑い声にニンマリしながら。



仕込んできた楽曲も最高の演奏をステレオから奏でてくれて

只でさえ言葉にならないような景色がさらに色鮮やかに

なって行くのを感じた。


楽曲にその景色を付け加えてくれた。

つまり曲と景色が僕の中で1曲となり

そうして作られて行く数々の曲達が

ジャンルを超えて一つのコンセプトアルバムとなる。

その曲が流れればいつだってそこに戻れるから。


僕は旅の前に何か他の印象が付く前の真っ新な楽曲達を

ipodに忍ばせるようにしている。


10代の頃から旅に出る時は決まってそうする。

テープからCD、CDからMP3と変わっただけ。


だからsadeを聴けば学生の頃

お互いの両親に内緒でこっそり行った

ハワイを思い出す。。


とは言っても一番良い景色の所にさしかかった所で

『日和ちゃんの音楽も聴きたい!』

と言い出してサザエさんが車内に流れ出した。。

まぁ良いでしょう。。。娘が喜んでいるから。。。。。。


まさにこの景色の時。。



途中朝市で沢山の果物を購入。




トマトの味を食べ比べる。

何も気にせず口に入れられる喜びを感じながら。



そしてこんな家に住みたいです。




キリコ














キーウエストからマイアミ

キーウエストからマイアミへ。




成り行き任せの旅なので何処に行くかは

その時の気分次第。


途中アンティークショップに立ち寄ったり

オイスターを食べたりと




4時間のドライブ。


味は知っていたものの

日和が飲みたがったので

ヤシの実ジュース。



何故か美味しそうに飲み干していた。




そして昨夜日和を寝かしつけ

深夜1時ぐらいからモーテル横の古びたダイナーに

詩を書きにいった。




1曲書き上げ時計を確認したらAM3時を回っていた。



珈琲は美味しくなかったけど。

ぼってりしたマグの口当たりは良かったな。


キリコ


マイアミ〜オーランド

am7時に起床し日和とスタバに行く。

ここはUSらしからぬ接客の良さ。





カフェモカをオーダー

味は日本と変わらず。



個人的にはアメリカ人の接客にストレスは感じない。

行きのアメリカンエアラインのフライトアテンダントは

ガムを噛みながら仕事をしていたり

一通り仕事が落ち着いたら

後ろでカードゲームをしていた。

自由で好きだ。

働いてもいいよ。


僕なら珈琲を飲みながら曲を書くよ。




美樹はご立腹していたけど。


人間関係って求めるからおかしな事になるんだよ。

受け入れれば腹なんか立たないから。


あきらめるって感覚じゃなく受け入れるって感覚。


夫婦がうまく行く秘訣かな。

もちろん友達とも。


求める事はこっちの都合だからね。



とは言いつつ。。。

腹を立てる事はある。


その時は俺は仏じゃねぇなんてね。


あぁ。求めてしまったと毎回後悔する。


気をつけなきゃね。


ほんと





話をもどして

美樹の分の珈琲も買って

モーテルにて美樹をピックアップ。



マイアミビーチを散策。





日和は貝殻拾いに夢中になっていた。



その後オーランドまで4時間のドライブ。




途中牛を積んだトラックが悪臭を発していた。

『ちょっと。誰?』なんて始まって

『僕じゃないよ美樹だろ』

『もしかして日和ちゃん?』

一同『ハハハ』って。


僕たちは牛ほど臭くはない。



ランチはハンバーガー。


牛だね。。。



日和と1つを一緒に食べる。

カロリーコントロール!



そして本日はドライブ中に

1曲作りました。


好きな音楽を聴きながら車を走らせ

後ろからは今日も2人の笑い声が聞こえてくる。


これ以上の幸せがあるのだろうか。


キリコ










マジックキングダム

オーランドディズニーランド。



日和がいなければプランに入り込む事は無い。

本来あまり得意としない。


自分から行きたいなと思ったのは小学6年生の時。


その時は仲良しグループで行ったんだけど

その中に好きな女の子がいたんだ。


それと付き合う前とか付き合い始めとかね。


要は待ち時間すら幸せに感じられる時期限定。



それ以外は美樹が行きたがって

しょうがなく行った記憶しか無い。



ただ日和が行きたいと言えば話は別だ。


日和は目が覚めるとディズニーのことしか考えていない。



ほら。



お城目指して走ってるよ。




キリコ


オーランド〜タラハシー

オーランドからタラハシーまでハンドルを握った。


景色にあまり変化がないフリーウェイをひた走る。



途中雰囲気の良さそうな町を見かけると

フリーウェイを降りて散策する。



アンティークモールに寄ったり。



本屋に寄ったり。



このペースじゃまずいなと感じながらも

自分達のスタンスで駒を進めたいと思う。



買い物中60代ぐらいの白人女性に

『あなたはミュージシャン?』

『私の息子はジャズミュージシャンなのよ。』

と話しかけられた。


流暢な発音とは言えないが

『ラッパーだ』

『時々ジャズをサンプリングさせて貰っている』と続けた。


楽器を持ち歩いていた訳ではなく

そう感じてもらえた事が妙に嬉しく感じた。




明日の行き先





未定。





ただ西に進もうと思う。







Tallahasee〜Chipley

AM10時Tallahaseeを後に西を目指す。


途中食事をとる為、町がありそうな出口を選び

フリーウェイを降りる。



Chipleyと言う可愛らしいネーミングの町で休憩をとる。




レンガ作りの建築物が目立つオールドタウン。

若者が少なく穏やかそうなお年寄りが多かった。



簡単に食事を済ませ更に西を目指す。


Alabama州を越え




Mississipi州のSlidellに宿をとることにした。


モーテルからスタバが見える位置にある

僕にとってはありがたいロケーション。


今日の走行距離は350マイル。


美樹も日和もお疲れ様。




Chipleyでの話。


美樹が大の犬好きでダックスフンドを飼っているんだ。


実はこっちでも既に数件のペットショップに寄らされている。



だから


たまたまガソリンスタンドの売店で

ダックスフンドのフギュアを見かけたから

喜ぶと思って購入して。


『お土産だよ』なんて渡したら




渋い表情で



『なにこれ。。』と。



おい!これ20ドルだぞ。。。









返品したい。



キリコ


ニューオリンズ

朝早く目が覚めたから日和を連れてドーナツショップへ。




出来るだけ個人経営の店を探すようにしている。



これだけで3ドル27セント。


僕はアメリカの下品な甘さが大好きなのでバッチリ。

この満足感なら多少カロリー高めにとっても悔いは残らない。



店名とは裏腹にほんと美味しいけど普通のドーナツだったよ。



アメリカ人がフレンドリーに話しかけてると躊躇していた日和も

だんだん慣れてきたみたいで、声には出せないものの手を振るようになった。






その後、美樹をピックアップしてニューオリンズへ。





至る所から演奏が聞こえて来るメインストリートを散策し雰囲気を味わう。






ランチはカキとキャットフィッシュのフライを食らう。

日和のカキへの執着心が凄まじかった。



僕は2個だけ食べて残りは2人にあげた。

2人が喜んでいるとこっちも嬉しくなる。



キャットフィッシュもタルタルソースをつけて

美味しそうに食べていたよ。


半分ぐらい食べた所で


『それナマズだよ。』


と言ったら青ざめていた。



ミシシッピ川の畔にあるショッピングエリアで


LAに住んでいたときに良く食べていたイチゴチョコを購入。





『懐かしいね』と顔を合わせる。






明日は何処に行こうか。。。





このエリアは天気が悪いとの事。。





キリコ















Lake Charles

Slidellを後にNew Orleansを越え西を目指す。



時間があるからフリーウェイを外れルート90を走る。





天候はいまいちだったが

川に架かる橋がどれも個性的で

走っていて飽きなかった。



Morgan Cityで食べたガンボ。




何種類ものシーフードの味が感じられる

日本のおじやみたいな料理。



昨日、日和が美味しそうに食べていた

キャットフィッシュを今日もオーダー。


昨日の味付けよりも今日の方が口当たりが

優しく美味しく感じた。


そこから2時間ほど車を走らせたが

雨が土砂降りになり雷も光りだしたから

それ以上進むのを止めた。


Lake Charlesを今日の宿泊場所とした。


天気が良かったら今日訪れた町のイメージも

違ったのだろう。


グレーに空を映し出す川や湖は寂しく感じた。





明日はヒューストンを目指す。



キリコ



| 1/4PAGES | >>